江戸時代にはうんこの値段も身分次第だった! | 今日の雑学

江戸時代にはうんこの値段も身分次第だった!

歴史の雑学
この記事は約1分で読めます。

現代のように科学肥料が使われるようになる前は、人の排泄物も貴重な肥料でした。だからトイレに溜まったうんこ(尿も入ってますが)は役に立つものとして売り買いされていたのです。

このうんこの値段はトイレのある場所によって異なり、より良い食生活の人が集まる場所のうんこに高い値段がつけられました。

大名屋敷から出るうんこは高く、一般庶民の住む長屋から出るうんこは安かったわけですね。いろんな人が集まる辻便所(公衆トイレ)がちょうど中等くらいの扱いだったようです。

この他、尿の割合が高い水っぽいものは安いなど、いくつかの基準から値段が決められていたようです。

タイトルとURLをコピーしました