社会の雑学 | 今日の雑学

社会の雑学

スポンサーリンク
社会の雑学

雛人形のお内裏様とお雛様はどちらが右でどちらが左か?

女の子のお祭りと言えば3月3日の雛祭り。雛人形を飾って女の子の健やかな成長と幸せを祈るお祭りですね。 我が家には5歳と0歳の2人の娘がいます。1人目が産まれたときに雛人形を買って、毎年飾っています。今どき女の子の健やかな成長と幸せを祈るのに「=結婚」という価値観もどうかとは思いますが、まぁ、伝統ですからね。 ところで、毎年飾るときになって「アレ?どっちだっけ?」と悩むのですが、雛人形のお内裏様とお雛様はどちらが右でどちらが左かって知っていますか? 近年販売されている雛人形の多く...
社会の雑学

「建国記念の日」の意外な真実!建国記念日じゃない理由と2月11日になった理由

2月11日は建国記念の日ですね。1年に16日ある(2020年現在)祝日のうちの一つです。正直、日本国建国を祝う気持ちよりも休みで嬉しい気持ちのほうが強い、というかそれしかありません(笑) 建国記念日やそれに類する祝日は世界中の多くの国にありますが、なにをもって建国記念日とするかはそれぞれの国によって異なります。独立記念日だったり、現政治体制が成立した日だったり、様々です。 では、日本の「建国記念の日」はどういった意味があるのでしょうか?そもそも「建国記念日」ではなく間に「の」が入った...
社会の雑学

iPhoneのカタカナ表記がアイフォンじゃなくてアイフォーンな理由

僕は住宅設備、特に電気関係の設備の設計や保守が仕事です。なので定期的に展示会に行ったり、各メーカーの営業さんから情報をもらったりして、日々新しい技術や製品の情報を集めています。その中でいろんなメーカーの営業さんからいろんな話を聞きます。 その中であるメーカーの営業さんから聞いたおもしろい話を紹介します。ちなみに、この記事を書く前にネットで検索したら結構有名なエピソードなんですね。でも、気にせず記事にしたいと思います。 アイホン株式会社というドアホン・インターホンのメーカーがあります。...
社会の雑学

大晦日の由来とは?一年で最後の晦日が大晦日なのだ!

1年を締めくくる12月31日のことを大晦日といいますね。この大晦日という言葉の意味を知っていますか? そもそも毎月の最終日のことを晦日といいます。読み方は(みそか、つごもり、かいじつ)といくつかありますが、意味は同じです。そして12月31日は一年で最後の晦日なので大晦日というわけです。 日本ではもともと月の動きを元にした太陰暦が使われていました。よく旧暦と呼ばれるものですね。 旧暦では新月を月のはじめとしていました。つまり満月から少しずつ月が欠けていき、月が完全に隠れた日が月の...
社会の雑学

カフェと喫茶店(純喫茶)の違いとは?実はイメージと逆だった?

カフェと喫茶店の違いってなんだかご存知ですか? 「え?カフェって喫茶店を英語にしただけで同じものでしょ?」って思われるかもしれません。たしかに言葉の意味だけで言えばそのとおりなんですが、法律上の区分けの話を考えてみると面白いかもしれません。 日本の法律では飲食を提供するお店を営業するには保健所に届け出て営業許可を得る必要があります。飲食業営業許可と呼ばれるもので、町中の定食屋やファミレスなどはすべてこの許可をとっているはずです。とっていなければモグリですね。 この飲食業営業許可...
社会の雑学

東京都シンボルマーク(通称イチョウマーク)は銀杏(イチョウ)ではなくアルファベットのTの形!

うえの画像は東京都シンボルマークです。平成元年に旧東京市(現在の東京23区)の成立100周年を記念して制定されたものです。東京都を表すマークとしてよく使われているので都民なら見たことがない人はいないでしょう。 この東京都シンボルマークってよくイチョウマークなんて言われていて、銀杏の葉っぱをイメージしたものだと思われていることが多いです。たしかにシンボルマークの形はイチョウの葉に似ているように見えます。というかそっくりですね。 ところが、この東京都シンボルマークはイチョウの葉とは関係な...
社会の雑学

死刑で死ななかったらそのまま釈放されるというのは本当なのか?

死刑で死ななかったら無罪となってそのまま釈放されるという話を聞いたことはないでしょうか? 実は明治時代に死刑執行後に蘇生した人物がおり、その後、すでに刑は執行されているからとの理由で再度死刑となることはなく、自由の身となったことがあるのです。 その人物は田中藤作といい、伊予松山藩(現在の愛知県付近)で起きた暴動の際に租税事務所に火をつけたことにより逮捕され死刑となりました。死刑執行後に親族が亡骸を引き取り、棺桶に入れて運んでいたところ、途中で蘇生し、生きて自宅のある村に帰り着いたので...
社会の雑学

母の日だけでなく義母の日もある!

この記事を書いているのは2019年10月27日、10月の最後の日曜日です。それで、今日は実は「義母の日」なんですけど知ってましたか? 日本では「母の日」は広く知られていて、毎年カーネーションやプレゼントを贈る方も多いと思います。 母の日は世界中のいろいろな国にあって、由来も様々だそうですが、日本の母の日はアメリカに由来しています。 アメリカで南北戦争中に、敵味方を問わず負傷した兵士を看護する活動をしていたアン・ジャービスという人がいました。アンの死後、娘のアンナ・ジャービスが母...
社会の雑学

不動産広告の「駅から徒歩○分」とはどういう意味か?実際に歩く印象とは違うこともある

アパートやマンションを探すときにまず重要なポイントは立地ではないでしょうか?特に駅などの主要な施設からの距離は重要ですよね。 不動産広告では必ずと行って良いほど、「駅から徒歩○分」といった表示がされています。この徒歩○分というのはどういう基準で決められているか知っていますか? 「不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」というもので、歩行距離80mあたり1分と決められています。だから例えば徒歩5分と書かれていたら、5分✕80mで400mということですね。 対象の駅やマンションの...
社会の雑学

4月1日生まれはなぜ早生まれなのか?4月1日生まれの人が一つ前の学年になる理由

日本では4月1日から翌3月31日を1つの年度として扱うことが多く、学校の学年についても同じですね。だから同じ年に生まれても3月以前の誕生日なら1つ上の学年として扱われます。これが早生まれと呼ばれるやつですね。 ところが、4月1日生まれの子は早生まれ扱いになるのは知ってますか? 学年のスタートは4月1日からのはずなのに、誕生日が4月1日の子は1つ前の学年に入れられるんです。3月31日生まれまでが早生まれではなく、4月1日生まれまでが早生まれとして扱われるのです。 とてもわかりにく...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました