日常の雑学 | 今日の雑学

日常の雑学

スポンサーリンク
日常の雑学

ワイシャツはもともと下着!パンツの役割も兼ねていた

ワイシャツの下に下着のシャツを着るか、それとも素肌に直接着るかというのは時々聞く話題です。素肌に着ると乳首が透けて見えるとか、清潔感に欠ける感じがするというので、最近は下着を着るという人のほうが多くなってきているように思いますが、それでもワイシャツの下は素肌という人もまだまだいますね。ちなみに僕はワイシャツの下に下着を着る派です。 ワイシャツの下は素肌派の意見でよく言われるのは、ワイシャツはもともと下着だったのでその下にさらに下着を着るのはおかしいというものです。たしかにワイシャツはもとも...
日常の雑学

スーツの袖にボタンがついているのは鼻水をつかないため!スーツにまつわる意外な話

スーツの袖には必ずといっていいほどボタンがついています。でも、あのボタンってなにかを留めているわけではなく、なんの意味があるのかわかりませんよね。 現在では袖のボタンはただの飾りですが、そもそも袖にボタンをつけるようになったのは意外な理由があります。 はじめて袖にボタンをつけたのは、フランスのナポレオンだと言われています。 ナポレオンが軍を率いてロシアに遠征したときの話です。あまりの寒さに兵士たちは鼻水を流し、それを軍服の袖でふいたのです。 袖を鼻水まみれにしている兵士た...
日常の雑学

都市伝説?歩行者専用道路の標識の男は誘拐犯というのはデマだった

歩行者専用道路を示す標識。上の画像のものですね。手をつないで歩く親子を表しているのでしょうが、なんとなく不気味な雰囲気があります。 この歩行者専用道路の標識のデザインについて有名な噂があります。あの標識に描かれた男は誘拐犯で、女の子を誘拐しているところだというのです。 あるとき、歩行者専用道路の標識のデザインを公募で決めることになりました。 それを知ったあるカメラマンが、標識にふさわしいデザインを求めて街を歩いていました。そして、たまたま道を歩いていた親子に目をつけて撮影しました。 その...
日常の雑学

旅客機の機長と副操縦士は食事のメニューが違う

長期のお休みでは帰省や旅行で飛行機を使う方も増えますね。そのため正月やお盆の時期は閑散期に比べて飛行機のチケット代が数倍になるなんてことも珍しくありません。 それでもこの時期にしかお休みが取れないとか、親族が集まる貴重な機会だからといった理由で飛行機は満席です。 今回は飛行機に関する雑学をひとつ紹介します。 大型の旅客機のパイロットは機長と副操縦士の2名体制になっていますね。国際線などの飛行時間の長い航路では乗務員も機内で食事をしますが、機長と副操縦士では食事のメニューが違うのです。 と...
日常の雑学

自動販売機や券売機のコイン投入口に縦向きと横向きがあるのはなぜ?

日本は自動販売機大国だといいます。街中のいたるところに自動販売機を見かけますし、自動販売機の種類も豊富です。 海外では、自動販売機を屋外に設置すると壊して商品やお金を盗られるからと、自動販売機は屋内でしか見かけない国も多いそうですね。 自動販売機は日本の治安の良さを表しているともいえます。 ところで、自動販売機や券売機のコイン投入口には縦向きと横向きのものがありますね。一般的に飲料などの自動販売機では横向きで、駅の乗車券などを販売する券売機では縦向きです。 この縦向きと横向きがどういう理...
日常の雑学

横断歩道の両端の線がなくなったのはスリップ事故を防ぐため!

街の至るところにあって、普段からよく目にする横断歩道。横断歩道のデザインというと、はしご型のデザインをイメージする方も多いと思います。でも、現在の横断歩道のデザインは両端の線がなく道路に平行する横線のシマシマのみになっています。 両端の線がなくなったのは、白線に囲まれた四角い部分に水が溜まるのを防ぐため。白線は路面に対して少し盛り上がっているため、雨水などが溜まり、スリップなどの原因となってしまうのです。 また、線がなくなった分の設置や補修の作業時間が短縮でき、交通に与える影響が少なくなるう...
日常の雑学

スープがなみなみ入ったラーメン・そば・うどんの出前はなぜ運ぶ途中でこぼれないのか?

熱々のスープをどんぶりになみなみと注いだラーメンやそば、うどんなどの麺料理の出前。バイクで運んでくるのにスープがこぼれないのはどうしてでしょうか? ポイントは2つ。出前品運搬機(通称:出前機)とラップにあります。 出前機はラーメン屋やそば屋の出前を運ぶバイクの後ろについている、出前の品が衝撃を受けないように作られた装置です。この記事の一番上に掲載している写真のようなものですね。 出前機はバイクに固定されたアームから箱がぶら下がる構造になっていて、バイクがカーブなどで斜めになっても、箱は水平...
日常の雑学

選挙カーがひたすら名前を連呼するのはなぜ?選挙カーの謎をまとめました!

「キタニ!キタニ!キタニケンイチです!キタニケンイチをよろしくお願いします!」 選挙期間になると街中を走ってひたすら候補者の名前を連呼する選挙カー。正直うるさいし、名前を連呼するだけでなんの意味があるのかと思いますよね。 選挙カーが名前を連呼しながら走るのは、選挙カーの移動中は連呼しか認めないというルールがあるからです。 選挙活動のルールを定めた公職選挙法では選挙カーでの選挙活動は原則禁止です。ただし「選挙運動のための連呼行為をすること」と「停止した自動車の上において選挙運動のための演説を...
日常の雑学

選挙運動で使われるビニール傘は特別仕様だった!

選挙の前には候補者の方々が駅前や人通りの多い道路上で演説をしているのをよく見かけますね。こうした屋外での演説中に雨が降ると、候補者や応援にきた人たちも傘をさします。 この選挙運動で使われる傘は決まって透明のビニール傘です。ビニール傘といえばコンビニやスーパー、100円ショップなどで広く売られている安価な傘ですね。 ところが選挙運動で使われるとても高価な特別仕様のビニール傘があるのです。 選挙運動用のビニール傘を作っているのは東京都台東区に本社を置くホワイトローズという会社です。創業享保6年...
日常の雑学

なんと1日50万人!?世界一混雑するといわれる渋谷駅前のスクランブル交差点の通行人数

1回の青信号で最大3000人が渡るといわれる渋谷のスクランブル交差点。世界一混み合う交差点ともいわれます。 ところがこの1回の青信号で最大3000人が渡るという数字はどうも根拠がない都市伝説であるようです。これについては2016年4月22日付の朝日新聞(東京版)で記者が検証を行った内容が載っています。 3000人という数字は渋谷センター街がホームページなどでPRしていた数字だそうです。この数字はもともと地元の人たちの間でだいたい2000人くらいだろうといわれていたものが、近年ではより...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました