ゴルフボールは表面のくぼみで3倍遠くまで飛ぶようになった | 今日の雑学

ゴルフボールは表面のくぼみで3倍遠くまで飛ぶようになった

スポーツの雑学
この記事は約1分で読めます。

球技のなかで一番ボールを遠くまで飛ばすのは何かといえばゴルフでしょう。先が重くなったクラブで固定したボールを思いっ切り叩いて飛ばす動きは、人力でボールを飛ばすにはとても効率がよい動きです。

ゴルフはボールをなるべく少ない打数でホールに入れる競技です。より遠くまで飛ばせればそれだけ早くホールに近づくことができるので飛距離はとても重要ですね。

そのために選手はトレーニングをしますし、遠くまでボールを飛ばす目的で使われる1番ウッド、いわゆるドライバーは、様々な改良が加えられてきました。

ゴルフボール側にも遠くまで飛ぶ工夫がされていて、そのひとつが表面のくぼみです。

ゴルフボールをみると表面に小さなくぼみがたくさんあります。この小さなくぼみは、ゴルフボールが飛んでいるときの空気抵抗を減らす働きがあります。さらに、ボールの周りに空気のうずができて揚力が発生し、より遠くまで飛ぶようにしてくれます。

くぼみがないボールと比較すると、くぼみがあるホールは3倍も遠くまで飛ばすことができたという話もあるほどです。

タイトルとURLをコピーしました